30年にわたるスペースシャトルのミッションが、2011年7月9日に
打ち上げられたアトランティス号を最後に終わる事になったそうです。
コスト削減のため再利用する事が目的で設計されていたのに、
結果として使い捨てのロケットを打ち上げる方が安かったそうで、
これが幕引きの一因になったようです。

個人的に宇宙船といえばやはりスペースシャトルが唯一の存在なイメージがあるので、
今後スペースシャトルが宇宙に向かう姿や宇宙を飛ぶ姿が見れないのは残念です。

が、アメリカがこのまま宇宙事業に消極的になるとも思えないので、
次に発表される機体がどんなものなのか、乗り物好きの自分としては、
興味と期待がふくれ上がっています。