MSIから発売された、Intelの新CPU、Atomを搭載したUMPC、Wind-Notebookを買っちゃいました。
AkibaPCHotlineの記事をみて、入手困難ってことで、秋葉の各ショップ開店時間に合わせていってきました。
仕事さぼってw

今回入手したのは3色(黒、グレー、ピンク)あるうちの黒。まあ黒しか選択肢がなかったからですが。
で、使用した感じですが、なかなかいい感じです。
さすがに液晶10インチの1024×600というサイズを考えるとメインで使うのは厳しいですが、
サブで使うには十分。
なんといっても、キーピッチがUMPCという部類の中では広いのがいいです。
キー入力がB5サイズのノートPCよりもしやすいですね。
使ってみた感じのメリットとデメリット列挙してみますね。

<メリット>
キー入力がしやすい。このサイズとしては驚異的です。
見た目のデザインもけっこういけてます。
ワイドなので、1024x600でもそんなに狭くは感じません。
メモリが1G搭載のためか、サイト閲覧やYouTubeあたりの動画閲覧なら結構サクサクです。
光沢タイプの液晶となってますが、テカテカしてません。
以外と静か。
軽い。
外部出力すればFullHDも可能。
なんといっても消費電力が少ないのがよい!

<デメリット>
CPUの発熱は意外と大きいです。パームレスト触ってて熱いと感じます。
微妙に振動しています。
なんか無線LANの調子が悪い・・・。
タッチパネルが使いにくい。これは慣れの問題?
内臓スピーカーの音質はさほどではありません(むしろダメ?)。動画メインなら外部スピーカー必須ですね。
HDDがSATA。SSDへの乗り換えを前提にしておいたほうがよいかもしれません。
なんか英語版のOfficeが入ってた(?)。文書作成に使用するなら別途Officeの入手は必須です。

とまあ、こんなところですかね。
もっとあった気がするのですが、忘れましたw
しかし、発熱は長時間使うことを考えるとボトルネックになりそうですね。
それ以外では、サブPCとすればまったく問題ないレベル。
まあ流石にメインとしてということであれば厳しいと思いますがw

ちなみに値段は59,800円です。
マウスを追加する、メモリを追加する、ってことを考えても結構手頃だと思います。