数日前、熊本にて大きな地震が発生しました。

死者42人、避難者は2万人オーバーと、甚大な被害がでていますが、

なんとか頑張っていただきたいと思います。

 

この震災に際して、トヨタ自動車にて、「通れた道マップ」なるサービスが展開されています。

クラウド&ビッグデータの発展に伴い、IT業界界隈ではIoT関連の事業が伸びていますが、

この通れた道マップもそうです。

そして今まさに、震災地で役に立つものとなっています。

われわれもIT業界に勤めるものとして、自然災害に役に立つITとは何かを考えたいと思います。

例えば、

既に実験がされていますが、ドローンを使った物資輸送、

パワードスーツによる瓦礫除去等の重作業を簡易にする、

通信網を利用した物資転送。。。

ソフト方面では、

SNSを利用したライフマップ(インフラの状態や居場所の連絡等をするなど)

GPSを利用しての行方不明者捜索

ぱっと思いついたのでは上記のものです。今後も継続的に考えて行きたいと思います。